歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド 高評価の贈り物 箔押し紙 当店は最高な サービスを提供します

歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド「箔押し紙」 ~

歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド 高評価の贈り物 箔押し紙 ~,2310円,ハンドメイド「箔押し紙」,金の紙,~,inexxus.digital,歴清社,文房具・オフィス用品 , ノート・メモ帳 , カード・カードストック,/becurtained366435.html 歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド 高評価の贈り物 箔押し紙 ~,2310円,ハンドメイド「箔押し紙」,金の紙,~,inexxus.digital,歴清社,文房具・オフィス用品 , ノート・メモ帳 , カード・カードストック,/becurtained366435.html 2310円 歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド「箔押し紙」 ~ 文房具・オフィス用品 ノート・メモ帳 カード・カードストック 2310円 歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド「箔押し紙」 ~ 文房具・オフィス用品 ノート・メモ帳 カード・カードストック

2310円

歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド「箔押し紙」 ~






商品の説明

歴清社の代名詞ともいえるハンドメイドの「箔押し紙」。

程よいサイズ感と厚みのある金紙は、便箋、ラッピング、クラフトなどにも使いやすく、

外国の方へのお土産としても喜ばれる逸品です。

gt;

サイズ:W210×H210mm

枚 数:10枚

gt;

注意点

本製品は金属箔(真鍮箔)を使用した製品です。手についた汗などの水分や汚れ、紫外線や大気中の物質などにより、

変色や腐食をすることがありますが、金属ならではの経年変化の風合いとして楽しんでいただければ幸いです。

写真と実際の商品の色味、質感が異なって見えることがございます。

gt;

gt;

rekiseisya_brand_toprekiseisya_brand_top

「日本人の美意識が生み出した箔文化を現代にいかす」

gt;

gt;

日本の伝統的工芸技術である箔押しを用いた不変色性の「紙」。 それを作り出す世界で唯一の技術をもとに、新たな素材・装飾技術を提案。 文化的かつ現代的な、新しいインテリアと製品の可能性を創造します。

gt;

gt;

創業者の久永清次郎が歴清社を興したのが1905年のこと。

もともと刀剣商を営んでいた家柄でしたが、1876年に発令された廃刀令などにより商いを余儀なく転換。

それまで出入りをしていた武家や長者屋敷の調度品に着目し、屏風商に転換したのがことの始まりです。

本金、本銀屏風を京都から仕入れていましたが、それらは高価で時間もかかる上、手に入りづらい。

思案の末、清次郎は安価な洋金箔(真鍮製の箔)を使った箔押し紙の開発に着手。

接着剤などの材料の試行錯誤を繰り返し、実用試験を繰り返すことで、ついに本金箔と同様に変色せず実用にも耐え得る金紙を日本で初めて製品化しました。

以来、評判が評判を呼び、国内のみならず世界にも販路を拡大。

神社仏閣はもとより、高級ホテルや美術館など様々な場所で歴清社の製品が活用されています。

gt;

gt;

rekiseisya_brand_top2rekiseisya_brand_top2

"Leaf culture produced by Japanese aesthetics is revived in this century."

gt;

gt;

A "Non-discoloration Paper" using leaf has been created as a Japanese traditional craft method. We offer this with new materials and decoration technology based on a unique technology. Offering new creation of interiors and products more cultural and modern.

gt;

gt;

The founder, Seijiro Hisanaga began his company called “Rekiseisha” in 1905. There was family that was originally engaged in the swords business, but they were forced to change their activity because of Haito ordinance (swords prohibition) which was established in 1876. Since then, Rekiseisha focused on the furniture of samurai residences that they had visited regularly, they converted their business to folding screen business. That is the beginning of their history. Purchasing gold and silver folding screens from Kyoto was very expensive and takes a long time to ship. It was even hard to buy ones. After much consideration, Seijiro embarked on developing the titling leaf paper using an inexpensive brass leaf. After Repeating the trial and error of using different adhesives and also the practical tests, they invented the first product of the gold paper in Japan that can withstand the practical use without discoloration in the same way as gold leaf. They started to have a great reputation and expanded their activity from Japan to the world. Starting from shrines and temples, the products of Rekiseisha are now also used in a variety of places such as luxury hotels or museums.

gt;

gt;

rekiseisya_brand_image2rekiseisya_brand_image2

「被爆した煙突が今なお残る工場で」

gt;

gt;

被爆した煙突が今なお残る、広島市西区にある歴清社の工場。近所の小学校の廃材を集め移築したその姿は、 建て直した当時のまま。歴史をみつめ、未来を創る。そのひとつの象徴とも言える場所です。

gt;

gt;

“At the exposed factory that still remain now”

gt;

Rekiseisha’s exposed factory remains in West district of HIROSHIMA city. An elementary school was transformed into the factory, but it is still the same as before. It reminds us of all the history and dreams of the future. It is one of the symbols in that area.

歴清社 金の紙 ~ ハンドメイド「箔押し紙」 ~

診療日

月〜金曜日

初診受付時間

午前 8:45 〜 午前 11:45

休診日

土曜日・日曜日・祝祭日
※年末年始(12/29 〜 1/3は休診日です)

病院からのお知らせ

  • 全て
  • お知らせ
  • 採用情報
コーヒー豆 木炭焙煎 珈琲豆 癒しの苦み ほろにがブレンド (粗挽き)300g 深々煎りコーヒー アイスコーヒー カフェオレ 等アレンジ珈琲も楽しめます(1日1杯約1か月分)
詳しく見る
キーボードバッグケース、電子オルガン用の黒のポータブルキーボードギグバッグ保護

連載企画にしこうべ

にしこうべ vol.23

2021年03月

“縁の下の力もち”としての眼科診療を支える「視能訓練士」
《精度の高い眼科検査に欠かせない専門職》

視能訓練士は、小児の弱視の視能矯正や視機能の検査を行う国家資格を持つ専門技術職として日本では 1971 年に誕生しました。その後、1993 年に視能訓練士法が改正され、医師の指示の元に視機能検査や視機能訓練を行えることとなりました。神戸市立西神戸医療センターでは、地域の中核かつ急性期病院として地域の医療機関の先生方から選別された手術対象疾患の方、急性期治療や当院での検査を必要とする疾患の方々を対象とした視機能検査を主とした検査業務を行っています。
眼科医師の良きパートナーであり、患者さんやご家族にとって身近で頼りになる医療専門職である6名の視能訓練士の皆さんにお話しを伺いました。

(お話は、眼科の佐久間 真里主査、笹田 多恵子主任、永松 明子さん、田中 育可さん、大垣内 彩華さん、赤羽 加奈子さん)